こんなにもある!結婚式の挙式・披露宴スタイルはどうする?

wedding-style

いまどきの結婚式のスタイルは様々で神前式、キリスト教式、人前式などよく知られていますね。

挙式会場と披露宴会場が一緒のところ、または挙式だけは親族で行い、場所移動をして披露宴・・・など結婚式のスタイルはいろいろです。

結婚式を行う場所や種類によってタイプがあります。どんな結婚式にしたいか自分の結婚式のイメージにはどれが近いか、迷っている人は比べてみるとさらに具体的なイメージが湧いてくると思います。

1. ホテルウェディング

知名度と格式があるのがホテルウェディングの良いところ。長い歴史があるホテルは一定の安心感があります。宿泊、宴会、レストランなどの複合施設なのでハード面やソフト面でも親族や年配の方は安心感を持たれるようです。

ホテルは立地条件も公共交通機関の近くだったりするので、遠方からの親族を含めたゲストの招待が多い時はアクセスが良いということはとても重要かもしれません。

1-1. ホテルウェディングのメリット

ホテルの知名度と格式があるだけで幅広い年代層に支持があります。ホテルスタッフはホスピタリティも高く、ゲストへのサービスも安心できます。

バリアフリーでエレベーターも完備されているでしょうし、駐車場の完備も嬉しいところ。ホテル内のウェディングサロンではドレスからブーケまで全ての打ち合わせが可能なところもあり、忙しい新郎新婦は時間をとられなくてすみます。

また結婚式当日、ゲストの宿泊はもちろん、新郎新婦もそのまま宿泊できるのはホテルウェディングならでは。

1-2. ホテルウェディングのデメリット

ホテルは他の一般のお客様もいらっしゃいますので貸切感はありません。また、婚礼シーズンになると大きいホテルは同じ日にたくさんのカップルが挙式をします。ですので、式場によりけりですが美容室などはバタバタした雰囲気になってしまうかもしれません。

格式がある分、あらゆる費用面が少し高く感じるところがあるかもしれません。

hotel-wedding

2. 専門式場ウェディング

結婚式に特化していて設備から演出面までのサポートが万能です。スタッフも「結婚式」を熟知している専門家です。

挙式会場や披露宴会場を同一施設内に併設してあります。日本庭園を有する歴史的なところもあり、日本のウェディング文化をリードしてきました。

2-1. 専門式場ウェディングのメリット

本格的な神殿やチャペルでの挙式ができることが特徴です。各式場によって雰囲気ある神殿やチャペルを用意してあります。静粛なセレモニーを希望する新郎新婦には好評のようです。

スッタフが結婚式に特化していますからオリジナリティあふれる演出の提案や段取りを手際よくしてくれます。

高級感と重厚感があり、落ちつた空間をもつ式場が多いので親族や年配の方にも好評です。

伝統とトレンドの両面で新郎新婦のニーズに応じて幅広い希望に対応できるのが専門式場の強みです。

こちらも式場内に衣装や写真、装花などウェディングに必要なものの全ての打ち合わせができるようになっているところがほとんどです。

2-2. 専門式場ウェディングのデメリット

大安吉日はホテルウェディング同様で挙式をするカップルが多く、貸切感や限定感があまり期待できません。

special-wedding

3. レストランウェディング

お料理重視のカップルはレストランを会場に選ぶことが多いようです。レストランウェディングでは他の会場と比べ抑えた価格でグレードの高いお料理をゲストにもてなすことができます。結婚式に特化した設備がないことが欠点とされていましたが最近ではチャペルや控え室を備えたレストランも増えてきているそうです。

アットホームな少人数ウェディングを計画しているカップルにはぴったりです。

3-1. レストランウェディングのメリット

招待したゲストの楽しみの多くはお料理と言われるほど結婚式でのお料理の比重は大きいです。お料理の美味しさはゲストの満足度に比例します。

会場がレストランの範囲ですので1日に多くても1組から2組が限定で貸切になります。ゲストを一緒に美味しい食事と会話を楽しむアットホームなおもてなしウェディングが可能です。

お店の雰囲気で二人のコンセプトを演出できます。モダン、クウラッシクなどお店によって雰囲気は様々です。

3-2. レストランウェディングのデメリット

カメラマンや装花など外部業者を自分達で全て手配しなければならないことがあります。しかし、手配に手間がかかる分、持ち込み料がかからないことも多いそうです。

テーブル間隔が狭いところもあるのでドレスで動き回ることが難しい場合もあります。控え室が十分な広さがない会場もあるので開演前のゲストの居場所が心配な場合も。

レストランウェディングの場合、会場が必ずしもアクセスがよい場所とは限らないことがあります。

写真を撮ったり、参加型の演出などをする際にせっかくの食事の手を止めてしまうこともあります。お料理にこだわるならゲストに食べてもらうタイミングと演出との兼ね合いも考慮が必要です。

re-wedding

4. ゲストハウスウェディング

本来のイメージはイギリスの荘園領主の屋敷にあり、広大な敷地のなか、狩猟や乗馬、ゴルフやフィッシングを楽しむために建てられた豪華な邸宅が原型だそうです。日本ではほとんどが2000年代以降の新しい会場タイプのため、設備は整っていることが多いです。

海外の映画に登場するような大邸宅は撮影スポットもたくさんでその邸宅をウェディングで貸切にしてしまう贅沢感があります。貸切なので他の挙式の家族もいませんし、敷地内を思いっきり使えるので自由度の高い演出やパーティを二人らしくコーディネートできます。

4-1. ゲストハウスウェディングのメリット

新しいタイプのウェディング施設になりますので近年の流行やニーズを取り入れています。邸宅のビジュアルイメージがよいとセレブ気分も味わえます。

4-2. ゲストハウスウェディングのデメリット

天候に左右されてしまうことがあり、屋外での演出を多く企画した場合に十分に演出を発揮できないことがあります。

(ガーデンでのデザートビュッフェやガーデンでの記念写真など)また、広い敷地をウリにしている会場は郊外に設置されていることが多く、ゲストへのに配慮が必要になってきます。

guest-wedding

5. その他の会場別ウェディングスタイル

5-1. アトリウムウェディング

ホテルのエントランスやアトリウムをチャペルとして行うスタイル。開放的で、その場の通りかがりの人からの祝福を受けることができます。

atrium-wedding

5-2. クルーズウェディング

船のオープンデッキで船長立会いのもと、参列者に証人になってもらう人前式を行うスタイル。雨天の天候に加えて風の強さで波も変わりますし、ゲストの船酔いなどの心配も出てきます。

cruse-wedding

5-3. ガーデンウェディング

屋外ウェディングの総称です。ホテルやレストランの中庭や屋上、リゾート地でのウェディングパーティのこともこのように呼ぶことがあります。気候や季節、寒暖に左右されやすいです。ですので、雨天時のことも考慮したパーティ計画が必要になってきます。しかし、天候に恵まれさえすればとても開放的で素敵な結婚式になるでしょう。映像、画像、最高のものが残せると思います。

burden-wedding

6. まとめ

結婚式の挙式、披露宴の会場にはいろんな選択肢があります。ゲストハウスウェディングのように2000年代以降から流行りだした結婚式スタイルもあります。チャペル式を望むのか、神前式なのか、人前式なのかでも会場の選択は変化するとおもいますので自分達の希望するスタイルにあうかどうか、必ず自分の目で確かめてから決めるとよいでしょう。

NOLAweddingceremony

「Wedding Note」無料プレゼント!

結婚式が気になりだす瞬間ってありますよね。
街でドレスを見たとき。
お友達の結婚式に出たときなど。

結婚式をするときには決めることがたくさんあります。

たくさん決めることがあるから
一度に言われると訳がわからなくなります。
だから「おさえどころ」をまとめてみました。

結婚式にはたくさんのお花が使われます。
結婚式会場のお花についても詳しく解説。

そして花嫁の大切なウェディングブーケについても。

結婚式が気になる彼女は覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。