流行に敏感花嫁のブーケはこうして探す!

greenery3

ブーケと言われてピンと来るのは結婚式で花嫁さんが手にしている「ウェディングブーケ」をイメージされる方が多いですね。

ブーケは本来の意味としては「生花や造花を束ねたもの」になります。(ちなみに余談にはなりますがワインからでる熟成された香りのこともブーケと呼ぶそうです。)

お花を沢山束ねた花束と結婚式で使うブーケの違いはなんでしょう?

流行に敏感な花嫁さんはどのようにしてブーケを探すのでしょう?

今回は流行りのブーケの探し方を解説してゆきます。

1. ブーケと花束の違い

ブーケも花束もお花を束ねたものに代わりはないのですが、花束は前後があり、縦長にくるられたお花の束です。

ブーケは前後の区別がない丸みのあるフォルムにまとめられたお花の束になります。

スクリーンショット 2017-04-19 20.44.56

2.  結婚式はブーケ!!

結婚式のようなお祝いの席ではやはりブーケですね。

沢山のゲストからの祝福を受け見守られるのですから正面はもちろん、どの角度から見られても全て美しい状態でなければいけません。花嫁専用の花束ですから、美しいことが基本です。

結婚式が滞りなく済み、その1日をブーケを手にした花嫁が美しくいるために花を保たせる手段は色々です。

水を仕込んだり、ワイヤーで細工したり、必要であれば接着剤で固定もします。

そうしてあらゆる工夫をこらしてどこから見られても美しい花嫁のために綺麗な状態を保てる花束がウェディングブーケになります。

trend2

3.  ブーケに流行ってある?

私達の周りに「流行り」がごく普通にあるのようにブーケにもあります。

20年程前はキャスケ-ドブーケ、10年程前は「花嫁の幸せの涙」と言われるキャスケ-ドをコンパクトにしたような「ティアドロップブーケ」が流行っていました。

今でもキャスケードを持つ花嫁さんはいらっしゃいますし、持つことが流行遅れという意味ではありませんがドレスのデザインとの兼ね合いもどうしても出てきます。

最近ではナチュラル志向、ナチュラルブーム、ボタニカルという言葉が流行っていますのでブーケもそのような傾向にあります。

trend

4. 流行のブーケを見つける方法

流行のブーケはどのように見つけると良いのでしょう?

4-1. Pinterestで検索してみる

pinterest(ピンタレスト)で「bouquet」と検索をすれば海外のおしゃれなブーケをたくさんみることができます。

多くのブーケを見ているとデザインに多くの特徴が見えてきます。

pinterest

4-2. Googleで検索してみる

Googleで「bouquet」と検索をするとこちらも海外の素敵なブーケがたくさん出てきます。

さらに1ワード加えて「bouquet  wedding」と検索するとブーケだけでなく、花嫁も出てきますので海外の結婚式の流行も垣間見ることができます。

kensaku

4-3. 流行色を調べてみる

例えば2017年のトレンドカラーは「Greenery(グリーナリー)です。トレンドカラーはPantoneという会社が情報の発信元になります。Pantoneは2000年から毎年12月に「Color of the Year」を発表することを繰り返しています。今年で18回目になります。

ここで発表されたトレンドカラーが来年のトレンドカラーになり、色々な商品やサービスに色が反映されてゆきます。

pantone

4-3-1. 2017年はグリーナリー

「グリーナリー」と言われて真っ先に色を想像できる人は多くはないと思います。

グリーナリーを調べてみると黄緑に近い明るい緑色です。

緑色は精神的な疲れを癒してくれる効果や穏やかな気持ちにしてくれる効果、緊張状態を緩和してくれる効果、安心感を得られる色だと言われています。

トレンドカラーであるグリーナリーをウェディングに取り入れることは流行に敏感な花嫁さんなら興味が湧くところですね。

来年の2018年のトレンドカラーはまた12月に発表されます。

greenery

5. ブーケデザインの流行は?

ここ数年は整ったものよりはナチュラルな「束ねただけ」のクラッチタイプのウェディングブーケが流行っています。

形はシャワーブーケと呼ばれる大きく広がったタイプのものをよく目にします。2017年の傾向としては「ボタニカル」な自然を意識したブーケがもう少し流行りそうです。

使われている花も流行りはあります。近年はかすみ草をよく見ます。また海外では大きな「キングプロテア」と呼ばれる花がよく使われていました。

しかし、これまでの整った形のラウンドブーケも使われていないわけではなく、挙式でのブーケは流行に左右されないこれまでの整った形のデザインのブーケを持ち、お色直しや披露宴の時に流行のブーケにチェンジするなどトラディショナルとトレンドの両方を楽しまれている花嫁も多いようです。

little-king

7. 流行は取り入れたいけど

流行に敏感な花嫁さんはトレンドカラーを自分のウェディングに取り入れたり、おしゃれ花嫁になりたいものです。そうして自分の結婚式を思い出深くすることは楽しみの一つでもありますね。そこで気をつけてもらいたいのが結婚式全体を見渡すこと。

最近は先述したようにナチュラル志向が強いです。ですので検索して海外のトレンドを知り取り入れるのは良いですが、ブーケだけを取り入れるとせっかくのトレンドも会場と不釣り合いだったり、色に統一性がなくなってしまったり台無しになってしまいます。

会場、ドレスなどはもちろん、結婚式全体をイメージされると良いです。

 

8. まとめ

結婚情報誌や、インターネットを見ていると「よく出ているなぁ」と思われるパターンがあります。少し気にして見ていると流行りが見えて来るでしょう。また、有名人の花嫁さんのブーケはそのブーケ自体が流行りになることが多く、数年前の英国のキャサリン妃が結婚式で持たれた「スズラン」のシンプルなブーケは一時期人気になりました。トレンドを少し加えながら上手に取り入れていくととてもおしゃれな花嫁になることでしょう。

greenery2

「Wedding Note」無料プレゼント!

結婚式が気になりだす瞬間ってありますよね。
街でドレスを見たとき。
お友達の結婚式に出たときなど。

結婚式をするときには決めることがたくさんあります。

たくさん決めることがあるから
一度に言われると訳がわからなくなります。
だから「おさえどころ」をまとめてみました。

結婚式にはたくさんのお花が使われます。
結婚式会場のお花についても詳しく解説。

そして花嫁の大切なウェディングブーケについても。

結婚式が気になる彼女は覗いてみてください。