新郎を盛り上げてくれるグルームズマンの衣装アイデア!

grooms-men

ブライズメイドは花嫁側の付添人・立会人ですね。日本ではアッシャーと呼ばれたりすることもありますが男性版ブライズメイドがあります。彼らを正式にはグルームズマン、複数形でグルームズメンとよびます。

役目はブライズメイドと同じく結婚式のお手伝い。そして新郎の身支度を整える役目をします。グルームズマンに選ばれることはとても名誉なことです。

そしてもちろん、新郎の独身最後の夜を盛り上げてくれる楽しい仲間にもなります。ブライズメイドとあわせて知ると楽しいグルームズマンのお話です。

1. グルームズマンとは

グルームズマン(groom’s man) とは新郎の友人代表で新郎の付添人・立会人です。日本ではアッシャーとも言いますが、グルームズマンが正しい呼び方です。グルームズマンの中で一番新郎に親しい人をベストマンとよびます。

結婚式披露宴では進行のお手伝い、ゲストを席までエスコート、挙式ではバージンロードの準備※をしたりブライズメイドのエスコートもします。(ブライズメイドと同じ人数に揃えます。)そして結婚式だけでなく、新郎の独身最後の日を一緒に過ごしバカ騒ぎをして独身にお別れするバチェラーパーティーを企画したります。

※欧米では挙式への入場のときにバージンロードに敷く布を広げる、という役割がありますが、日本では会場によって難しいこともあるので確認することが必要です。 特に結婚式専門会場ではすでにバージンロードは敷かれている場合もあります。

grooms-man1

2. グルームズマンの歴史・由来

中世のヨーロッパが期限とされていて、結婚をする幸せな二人を妬む悪魔から守るため、未婚の姉妹や友人たちが花婿・花嫁と似たような衣装を身につけて悪魔の目を惑わそうとした伝説が由来です。

bredemaid-groomsman

3. グルームズマンの衣装

グルームズマンの衣装は新郎の衣装とリンクさせるのが一般的です。全く同じスーツを人数分揃えるのは大変ですので部分的にお揃いにするスタイルが流行っています。

例えばスーツの色は合わせてネクタイの色は変えてみたり。ポケットチーフだけ揃える。ジャケットではなくベストを着用する、またはグルームズマンは全員サスペンダー姿。カフスボタンやソックス、アクセサリーなどの小物類を合わせたりすることでグルームズマンたちの衣装に統一感を持たせます。

また、グルームズマンということが一目で分かるように、新郎と同様に胸元にブートニアを飾るなど、新郎とお揃いの物を身に付けるのが基本です。「こうならなければならない」という決まりはないのでカジュアルな結婚式であればさらにオリジナルなことができます。

ブライズメイドとグルームズマンがいるととても華やかになり、写真に撮ったときに映えます。そのために前もってブライズメイドと色合いやスタイルを打ち合わせすると良いかもしれません。テーマカラーを決めるだけでもブライズメイドとの調和がとれて一体感がでてきます。

shocks

4. レッツ!バチェラーパーティー

バチェラーとは独身の意味。新郎の独身最後の日を一緒に過ごし、バカ騒ぎをして独身にお別れするのがバチェラーパーティ。この企画をして一緒に新郎と過ごすのがのがグルームズマンの役目です。結婚してからは、なかなかばか騒ぎもできなくなるもの・・・。みんなで盛り上がるのが大好きな新郎には、独身最後の日にこそ、最後であり、最高に羽目を外せるのがバチェラー・パーティーです。

レストランやバー、ナイトクラブなどで行う場合が多いが、新郎の家にサプライズで押しかけたり、寝込みを襲ったりもする。夜通し飲み明かし、ストリップショーを見に行ったり、カジノやゲイバーに行ったりもするため、新郎が二日酔いや遅刻して結婚式に登場したり、最初の夫婦喧嘩トラブルの素となることもある。

bacheler

5. 花嫁バージョンももちろんあります!

バチェラーパーティは新郎版!もちろん、花嫁側にも同じようなパーティーがあります。花嫁も独身最後の夜を楽しみます。こちらは「バチェロッテ・パーティー」です。

大抵はお酒と共にゲームをしたり、おしゃべりで盛り上がります。ブライダルシャワーと違うのは同じような女子限定のパーティですがブライダルシャワーは結婚式前夜ではなく結婚式を行う4~6週間前に行います。参加者は、贈り物として新婚生活に必要な「新婦しか使わない」道具を持ち寄るのがマスト。ブライダルシャワーではプレゼントをお忘れなく!

独身最後!と、楽しい前夜のバチェロッテパーティですが翌日はゲストにも新郎にも一番きれいな姿を見せたい花嫁はお酒はほどほどにしておく方が良いかもしれませんね。

bachelotte

6. まとめ

ブライズメイドとグルームズマンが揃うととても賑やかになります。日本では少しずつ知られるようになってきました。結婚式当日のみのサポートではなく、結婚式前夜から一緒に騒いでくれる仲間がいるのはとても頼もしいですね。

日本では結婚式前夜は明日のことを考慮し、早めに休む、もしくは独身最後の家族の団欒をするところも多いようですが海外の習慣は違いますね。海外は海外の習慣なので全てを模倣することはないと思いますが、海外の結婚する友人を結婚式前から祝福し、独身最後の夜のバカ騒ぎに付き合ってくれる心置けない仲間に感謝です。そんな仲間に見守られ、翌日は結婚式を行うと感動はひとしおかもしれません。

friends

「Wedding Note」無料プレゼント!

結婚式が気になりだす瞬間ってありますよね。
街でドレスを見たとき。
お友達の結婚式に出たときなど。

結婚式をするときには決めることがたくさんあります。

たくさん決めることがあるから
一度に言われると訳がわからなくなります。
だから「おさえどころ」をまとめてみました。

結婚式にはたくさんのお花が使われます。
結婚式会場のお花についても詳しく解説。

そして花嫁の大切なウェディングブーケについても。

結婚式が気になる彼女は覗いてみてください。